桶川高校日誌

2018年2月の記事一覧

修学旅行4日目

最終日の日程がまもなく終了します。

午前中はクラス別行動が無事に終了しました。
大阪城などを各クラス見学しました。
今は皆、新幹線に乗車し、東京駅に向かっています。

東京駅では新幹線在来線連絡改札口を出たところで
随時解散となります。
「家に帰るまでが修学旅行!」です。帰宅までもう少しありますが、
以上で報告を終了いたします。

・大阪城での様子                            ・海遊館での様子
   

・道頓堀での様子

1年生球技大会がありました

 2年生の修学旅行期間の間、1年生は特編授業ということで午前4時間のみのじゅぎょうとなります。

 本日は1年生の球技大会が行われました。種目は男子がサッカー、女子がバレーボールでした。
 今年度も残りわずかですが、今のクラスでは最後の行事ということで、多くの生徒が応援の声をあげ、クラスが一丸となって試合に臨んでいました。

<球技大会の様子>
 
 

修学旅行3日目

修学旅行の3日目が終了しました。

3日目は班別自主研修となり、各班が計画した行程で1日を過ごしました。
多くの班が、『ユニバーサルスタジオジャパン』で楽しく過ごしたようです。
いくつかの班は、京都での見学を行ったようです。京都市街の中心よりも
嵐山地区や伏見地区など、京都駅から若干離れた見学地を選んだ生徒が多いようです。

いよいよ明日が最終日となります。
クラス別行動となり『海遊館』や『オービィ大阪シアター23.4』の
見学などを予定しています。

京都での様子                             ・ユニバーサリースタジオジャパンでの様子
  

修学旅行2日目

修学旅行の2日目が終了しました。

2日目は昼過ぎに兵庫県神戸市の『人と防災未来センター』に到着し、
1995年1月17日に発生した兵庫県南部地震にともなう、阪神淡路大震災に関する
資料を見学しました。
映像資料や倒壊した建物の実物大の模型などがあり、生徒は当時の様子を
体験することができました。
また、震災後の被災した方々の生活を表した資料や、
地震の発生と防災減災のための手だてを表した資料などがあり、
これからの生活を考える良い機会になったようです。

午後からは班別自主研修となり、生徒は中華街や海遊館や有馬温泉など
様々な地域に移動し、見学していました。
宿泊先に到着してから、生徒は互いの見学地でのエピソードを語りあっていました。
保護者の皆様も、ぜひ土産話を楽しみにしていただきと思います。

・防災未来センター                          ・班長室長会議の様子
  

修学旅行1日目

本日2学年が、修学旅行に出発しました。
初日は広島での宿泊、2日目と3日目は大阪での宿泊で、3泊4日の日程です。

1日目は昼過ぎに広島県の『平和記念公園』に到着し、
慰霊祭と、原爆資料館での見学をおこないました。
ガイドの方の説明を聞き、被曝された方の記録など、当時の状況を
知ることができる多くの資料に生徒は真剣な眼差しで見学し、
戦争と平和について深く考えることができたようです。

夕方には宮島の『厳島神社』の見学を行いました。
宮島に入島するためのフェリーでは、生徒は楽しそうに過ごしていました。
干潮のため大鳥居に近づくことが出来ました。

夜には無事に宿泊先に到着し、全員で楽しく夕食を食べました。

・平和記念公園での様子                        ・フェリーでの様子
  

・宮島、大鳥居周辺の様子                      ・夕食の様子
  

生物基礎 出前授業を行う!

 本日(26日)、5時間目の生物基礎(今井教諭担当)の授業に、東京女子医科大学名誉教授の溝口秀昭先生をお迎えし、血液に関する出前授業が行われました。パワーポイントを使い、血液の専門家から血液の成分や役割、免疫機能や血液の病気(貧血、白血病)などについて分かりやすい講義をしていただきました。生徒達は、直接大学教授より講義が受けられるという貴重な体験ができ、真剣に取り組んでいました。

 溝口先生、お忙しい中、出前授業にお越しいただきありがとうございました。

駅伝大会が行われました

 本日から3年生は家庭研修に入っております。

 学校内にいる生徒は1・2年生だけになってしまいましたが、本日は駅伝大会で大いに盛り上がりました。
 昨年11月に実施されたマラソン大会とは異なり、駅伝大会はチーム戦になります。あいにくの雨でしたが、どの生徒もタスキを次の生徒につなごうと懸命に走り、マラソン大会以上の盛り上がりを見せました。

<駅伝大会の様子>