桶川高校日誌

2017年3月の記事一覧

平成28年度が終了しました。

 24日の修了式をもって、平成28年度(2016年度)が終了しました。
 校長先生の講話を伺い、生徒たちは来年度に向けて気持ちを切り替えることができたと思います。
 教室に戻ってからは、それぞれのクラスでの最後のホームルームが行われ、多くの生徒がクラスの生徒との別れを惜しんでいました。

 また、放課後には2年生向けに進路ガイダンスが行われました。大学・専門学校に別れ、進路実現に向けた今後の学習の仕方・準備すべき事についての講話をしていただきました。これから進路に向けて本格的に動き出す2年生にとって、良い刺激になったと思います。

 

卒業式が行われました。

 本日、第43回卒業証書授与式が行われました。
 あいにくの天気にもかかわらず、400名近い保護者にお越しいただけました。

 式は終始厳かな雰囲気で行われましたが、卒業生退場で吹奏楽部演奏のケツメイシ「友よ ~この先もずっと・・・~」が流れると、多くの生徒、保護者が目に涙を浮かべていました。

 式の後には、多くの卒業生が同級生や先生との別れを惜しんでいました。大事な高校3年間、別れを惜しみたくなる仲間の存在こそが、1番の宝物だと思います。

 卒業生の皆さん、保護者の皆さん、本日はおめでとうございました。

 

 

 

 

合格発表が行われました。

 先週、平成29年度高校入試の学力検査が行われ、その合格発表が本日行われました。
 中学生の皆さんの多くが、自分の番号を確認するまで不安そうにしていましたが、自分の受検番号を確認して、喜んだり、安心した表情を見せていました。

 合格した皆さんが次に桶高に来るのは、22日(水)の入学許可候補者説明会、そして4月10日(月)の入学式となります。皆さんが元気に登校してくる日を、楽しみにしています。

 今日はおめでとうございました!